岡山人妻風俗と繁華街の戦い

デリヘル・イメクラ・ソープ・回春マッサージなど様々な業種が存在する風俗業界。お店や業種によってその歴史は異なるが、風俗店が今のように日本全国様々な場所で営業できているのは様々な戦いがあったからだと思われる。そのような戦いをすることによってそのお店や業界全体のレベルが向上し、それが風俗業界の栄華や生き残りにつながっている側面もある。ここでは岡山人妻風俗などの界隈で行われてきた戦いについて書いてみた。

まず風俗店で行われている戦いのひとつは、自分のお店を潰すことなく繁栄させるための戦い。今でも関東や関西の繁華街においてはそのような戦いが日夜行われている。その中のひとつに挙げられるのは、北口だけで約百店舗のデリヘル店があると言われている池袋。毎年多くのデリヘル店が営業を開始していくが、その影で営業を続けられなくなったお店も数多く存在する。デリヘルといっても普通のお店では生き残りが困難であるため、何らかの特徴のある女性を多数取り揃えた専門店が多いのもこの地域の特色だ。そのため普通の女性ではなくぽっちゃり・ギャル・人妻・ロリなど、何かの特色をもとに集められた濃厚な女性たちとプレイを楽しむことができるのだ。そういう部分で他のお店との住み分けをはかり、ディープな趣味を持ったお客だけを呼び込みリピーターにさせることが生き残り対策のひとつとなる。またこの地域は警察などの取り締まりも強いため、営業を続けるためには法律に遵守した営業を行う必要もあるのだ。このようにライバル店に負けないことだけでなく、地域や社会の情勢を理解した良いお店であり続けることも重要となる。

そしてもうひとつは風俗店に在籍している女性たちの戦い。多くの風俗店では指名ランキングがあり、それが女性にとって最も多くの稼ぎをもたらしてくれる本指名客を増やす効果がある。そのため接客を頑張るのはもちろんそれ以外の部分でも力を入れている女性が多い。その中であるのが自分より人気のある女性の順位を落とすこと。女性にいじわるをする、ネットなどで悪口を書き込むなどして精神的に追い詰めていくという方法。ただ人を落とすからといってその分の人気が自分に来るとは限らない。そしてジムに行ってトレーニングをするなど、自分自身を磨いて高める努力をする女性もいる。そういう女性はプロ意識も高く、接客・サービスといった部分でもお客が喜ぶことを研究し実践するので良い評価を得やすくなるだろう。岡山人妻風俗でもそれは同じだ。